日本国際ツーリズム殿堂とは 「殿堂入り」への道程 「殿堂入り」した方々 国際ツーリズムの歩み  
  「殿堂入り」した方々  

2004年度の殿堂入りした方々
  写真:梶本 保邦梶本 保邦
 
 
  略歴
 1913年(大正2年)生まれ。東京帝国大学卒後、1938年に当時の鉄道省に入省。運輸省大阪陸運局長などを経て1961年観光局長。1964年の退官後、同年に京成電鉄に入社し常務、専務を経て、74年京成電鉄代表取締役副社長。1978年京成ホテル代表取締役社長に就任。1983年国際観光振興会会長、84年日本観光協会会長。このほか北総開発鉄道、千葉急行電鉄、京成ホテル等の社長も務める。公職関係では日本ホテル教育センター会長、日本ホスピタリティ協会会長、岩切章太郎賞選考委員会委員長、日本ナショナル・トラスト会長、観光政策審議会委員(総理府)、国鉄再建問題懇談会委員(運輸省)、旅行業制度検討委員会座長(同)、国際観光振興会運営審議会委員、日本交通公社観光文化振興会基金運営委員会委員長等も務める。交通文化賞受賞(1979年)。勲二等瑞宝章受章(1987年)
 
 
  旅行・観光産業への貢献
写真:梶本 保邦 観光局長時代の1963年に施行された「観光基本法」の立案者。当時はまだ観光産業の社会的評価が低く「物見遊山に基本法とは何ごとか」という周囲の猛反対を押し切って法案成立に漕ぎ着けた立役者でもある。観光基本法は、教育基本法、農業基本法などそれまでに4つしか作られていなかった基本法に続いて、我が国で第5番目の基本法となった。
 観光産業の健全な発展には、高い理念と哲学を掲げた基本法が必要であるとの信念に基づき、観光基本法に、国際平和と国民生活の安定という日本国憲法の大理想に基盤を置いた前文を置くことにしたのも梶本氏の発案。また単一の政党に偏らず国民全体のための基本法とするため、自民党・社会党・民社党の三党共同提案を目指し、政治家への根回しや説得にも奔走した。1964年には国際観光振興会法の実現にも尽力し、その後、訪日観光促進の中心的役割を担っていくことになる国際観光振興会の基盤を作った。現在は観光政策の重要性が認められ、小泉首相が「観光立国宣言」するまでになったが、ここに至る最初の流れを作ったのは梶本氏であったと言うこともできる。26年間の官僚時代には、観光行政の立場から観光産業の発展に大きく貢献した。

写真:梶本 保邦 このほか、64年の東京オリンピックに合わせて提唱した「ノーチップ運動」は、チップのわずらわしさからホテル利用者を解放しただけでなく、その後、ノーチップ制を日本に定着させるきっかけを作った。
 退官後も、観光産業の発展の重要な節目で活躍する。京成電鉄副社長としてスカイライナーの開業を手がける。上野のスカイライナー新駅の建設を巡り、上野公園の環境への影響を懸念する東京都を粘り強く説得し、環境対策にも万全の対策を施して新駅の実現に漕ぎ着ける。また成田開港が遅れたために開港前に営業運転を開始せざるを得なくなる危機を乗り越え、スカイライナーの営業を軌道に乗せる。
 さらに、全国各地で広義の観光振興に貢献している個人・団体を表彰して我が国観光産業の発展に寄与するために宮崎市が創設した「岩切章太郎賞」の選考委員会委員長として1988年の第1回選考から同賞にかかわる。

 

一覧に戻る

(c)Japan Intarnational Tourism or Fmae. All rights researved.